Blog

那覇市の歯医者 泉崎ファミリー歯科 2019年6月開院予定 / Q&A  / 白い歯にはどんな種類がありますか?(前歯)

白い歯にはどんな種類がありますか?(前歯)

質問:前歯を白くするにはどんな種類がありますか?

解答者:泉崎ファミリー歯科院長

A.はい。

  1. まず、白い歯にしたい部分を確認します。

-1本なのか、2~3本以上なのか?

2.どこがどのように気になり、そういう風な完成系を目指しているのか?

-2-1小さな部分の黒い虫歯だけを直してほしいのか

-2-2全体的な変色が気になるのか?

-2-3形が気になるのか?

このステップが非常に大事です

患者さんの求めていることが、何なのか、ということははっきり口にして、お互い確認していきます。

2-1であれば、保険の範囲内のCR治療ですむ場合が多いです。

2-2であれば、ホワイトニングをする、ラミネートベニヤをする、の方法が考えられます。

2-3であれば、保険治療ですと範囲が軽度であれば、CR治療。全体的に被せたほうがよい場合は硬質レジン前装冠になります。

硬質レジン前装冠

利点 安価である。

欠点 数年たつと、白い部分が黄ばんでくる。歯茎の部分が金属イオンが溶け出して、黒ずんでくる

値段 5000円弱

 

保険適応です。1本でも、ブリッジでも、連結(2本以上をつなげる)でも対応できます。

 

自費診療になりますと、メタルボンド、オールセラミッククラウンになります。

メタルボンド

利点 白い部分はセラミックなので、プラーク(汚れ)がつきにくい

長年経っても変色しない

欠点 強い力が加わると、欠けてしまうこともある

歯茎の部分が金属イオンが溶け出して、黒ずんでくる(保険の金属に比べると可能性は低い)

値段 75000円 (コバルト、フルベイク)

50000円 (コバルト、パーシャルベイク部分的に金属を使います。かみ合わせや裏側など)

85000円 (セミプレシャス、フルベイク)

裏打ちの種類や金属の見え方で値段が変わります。

裏打ちの金属の種類

コバルト、チタン:生体に安定している。

セミプレシャス:合金であるが、金を50%以上含んでいる。金の特性は、伸びが良く、歯に馴染んで

歯と同じ硬さがある。虫歯になりにくい。

セミプレシャスのほうが、コバルトやチタンに比べるとより性質がよいです。

オールセラミッククラウン

値段 10万円

利点 審美性がいい

   金属アレルギーがない

   金属イオンが溶け出さないので、歯茎の黒ずみがない

欠点 稀に割れることがある

材質による違い

e-max:Ivoclar Vivadent社e.maxプレスを使用したオールセラミッククラウンです。
e.maxプレスは曲げ強度が400MPaで一般的な陶材の3~4倍あり、審美性にも優れています。

適応:前歯単冠、3本ブリッジまで(大臼歯不可)

ジルコニアセラミック:利点:一番強度が強く力のかかる部分でも使える。審美性がいい

欠点:ジルコニアフレームにセラミックを盛っているので、セラミックが割れることがある

https://shika.okinawa/our-services/

値段表だけでしたら、リンク先のページの方が見やすいのでご覧ください!

Error : Blog Designer shortcode not found. Please cross check your Layout selection id.