[vc_row][vc_column][vc_column_text] この間#おさむファミリー歯科島袋先生の 主催で言語聴覚士の奥住啓佑先生のセミナーを受けてきました! 奥住先生は全国で講演会を多数開催していて、子供の発達支援、高次機能障害、声優や楽器演奏家などさまざまな方々に 言語指導を行ってます。 今回、集まった方は理学療法士や助産師、歯科医師歯科衛生士など様々。 それを受けて思った事は、 #発達#身体を勉強する上でいろんな職種の人とディスカッションして、 この患者さんにはどういうアプローチが良いのか を考えることが大事だと思いました! 例えば私は歯科医師なのでお口の中しか見ていなかった。 例えば、舌足らずの話し方の子がいたら? ベロの筋を切る手術をするだけではなく この患者さんは どういう舌の動きをして 首や肩など、どんなところに余計な力がかかってないか 見るところはたくさんあります。 ただストレスや根性論で終わらせることではなく 加齢のせいで終わらせることなく 障害があるからで終わらせることなく 私たちの専門職は どの部分の動かし方ができてなくて こういう悪影響が出ている(話し方、姿勢、歯並びの乱れ) のでこの部分の動きをトレーニングしましょう 具体的に道筋を教えてあげられることが大事だと思います! とても勉強になりました。奥住先生、主催の島袋先生本当にありがとうございます。 泉崎ファミリー歯科では虫歯直すだけではなく、 子供(大人も)の成長、発達対して お口の専門家として適切なアプローチが取れるよう、日々研修を積み重ねています お子様や保護者の方なら、 母乳、離乳食の相談、食事の相談 持病がある方なら、 持病の飲んでる薬とお口の関係 最近TVでみた画期的な治療法など、 そんなこと歯医者さんに聞いていいの? て思うことまで何でも気軽に相談してくださいね! [/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]...

[vc_row][vc_column][vc_column_text]             [/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text] 医院の案内看板ができました。 泉崎ファミリー歯科 院長下所です。 医院工事が進んでいます♪   来週 棟上げといって、建物の上の方のコンクリートが建ちます。   それにともない、案内看板を設置しました! 近くを通りかかったら、ぜひ見に行ってください![/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]   [/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text][/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]...

[vc_row][vc_column][vc_column_text] 医院のスタッフ研修に役に立ちそうな県内外のセミナーがないか、いろいろ探しています。 先週、ずっと受けたかった スマイルトレーナー/フリーアナウンサー金城真知子さんのスマイルトレーニングを受けました! ホテルなど一流のサービス業の方も大好評のこのセミナー。 一般向けに開くのが久々ということで、一年以上待って受講された方もいらっしゃいました。 もともとはホンマでっかTVにも出てくる重田みゆき さんが考案したMsnowプログラムを真知子さんが認定講師として広げています。 笑顔が素敵、話術が素敵な真知子さん。 私が知る中で一番のコミュニケーションの達人! 天性のもの、ではなく、誰でも再現可能なテクニックが沢山ありました。 フライトアテンダント出身の大城講師もいて、やはりプロは所作から違います。 「私は医療職だから~」を言い訳にして社会人としてコミュニケーション能力が弱いと反省、、 「泉崎ファミリー歯科」は県庁近くの一等地での開業なので、一流の接遇が求められると思います。 とても勉強になったので、スタッフにもいずれ受講してもらう予定です! [/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text][su_button url="https://smile.okinawa/" style="3d" background="#ffd6ed" color="#322b2b" size="8" wide="yes" icon_color="#FF8484" desc="click"]スマイルトレーニングのリンクはこちら[/su_button][/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text][su_button url="https://shika.okinawa/dh%E6%B1%82%E4%BA%BA/" style="3d" background="#ffd6ed" color="#322b2b" size="8" wide="yes" icon_color="#FF8484" desc="click"]歯科衛生士求人はこちら[/su_button][/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]...

[vc_row][vc_column][vc_column_text][/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]こんにちは。泉崎ファミリー歯科院長 下所です。 ずいぶん空いてしまいましたが、ブログもちょくちょく更新しようと思います。   開業準備の諸々をお伝えしますのでお楽しみに! さて、今日はコンクリート打設でした。   基礎の枠の中にコンクリートを流し込む作業です。   工事着々と進んでます! 六月開業なら四月半ばには建物が出来てないといけません。 建築工事は沢山の業者さんの協力で成り立ってます。 本当にありがとうございます。 医療機器の配管など、歯科独特の指示があるため、私自身もしっかり工程を把握し、 ミスがないようダブルチェックで指示を出します。 完成まであと少し! [/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]...

[vc_row][vc_column][vc_column_text] これってアナフィラキシー? こんにちは。泉崎ファミリー歯科院長下所です。 またまた子育てブログになってしまいますが、最近遭遇した怖い1例を共有させてください。 先週の日曜日(夫が出張中・祖父母も出かけていてお家で1人で子供3人を見ていた)時に 10数分5歳の息子の姿が見えないな~と思っていると、急に泣き出して現れました。 顔を見て私はびっくり! 目の下が頬の上半分まで赤く腫れ、所々蕁麻疹ができ、首元の皮膚は赤くなっていました。 本本人は喉が痒い、喉が痛いと大泣きしている。 どこに行ってたか聞くと、使っていない部屋のベッドで横たわったとのこと。 、、、、、これってひょっとしてアナフィラキシー?? 近くに住む医師の弟に連絡するとすぐ病院に行けとの事だったので 子供3人を連れてダッシュで救急病院へ!!(赤ちゃん連れて、もはや民族大移動、、) 車に乗って行っている間出も喉が苦しい、かゆいと言い、ママは手が震えていましたが、バイタルは大丈夫そう。 病院に着くころにはのどの腫れも落ち着いていてボスミンの吸入だけで終わりました。 ダニでも急激なアレルギーを起こすこともあるようなので皆さん押し入れの中や使っていない布団に子供をつけないように気をつけてください。 家に帰って、古いシーツは洗濯・もしくは処分しました。 [/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text] アナフィラキシーについては下記サイトが優秀だったのでリンクを貼っておきます↓ https://allergy72.jp/ 以下、引用になります。 Q.アレルギーとアナフィラキシーは同じですか? A. アレルギーとは、原因物質に対する過剰な免疫反応を指します。一方で、アナフィラキシーは、そのアレルギー反応によって皮膚や呼吸器、消化器など複数の臓器に急速に全身性の症状が出る状態を指します。さらに、アナフィラキシーの症状のうち、ショック状態(血圧低下や意識障害など生命の危機的な状態)に陥っている状況をアナフィラキシーショックといいます Q.アナフィラキシーが起こるとどんな症状があらわれるのでしょうか? A. アナフィラキシーはもともと全身に複数の臓器症状があらわれる病態なので、その症状はさまざまです。この中でもっとも多くみられるのは、赤み、じんましんやかゆみなどの“皮膚の症状”です。次にくしゃみ、せき、ぜいぜい、息苦しさなどの“呼吸器系の症状”、他にも、目のかゆみやむくみ、くちびるの腫れなどの“粘膜の症状”、腹痛や嘔吐などの“消化器症状”もみられます。 特に、のどの粘膜症状が強くなると、声がれ、のどが締め付けられる感じ、胸苦しさなど“窒息”の危険性が高まり、血圧低下など“循環器の症状”、つまり“ショック症状”に陥ると命を落としかねません。アナフィラキシーの症状は、とても危険な状態になりやすい病態といって過言ではありません。 [/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text] アナフィラキシーショック対応に対して歯科医院での取り組み アナフィラキシーに遭遇しても対応できるように歯科医院での取り組みを再度確認しました。 歯科医師であれば一生に1度もほとんど遭遇することがないアナフィラキシーショックですが、 日々様々な薬を処方したり麻酔の注射するときにアレルギーを起こす確率が0%とは言えません。 実際に疼痛性ショックなどは臨床でも遭遇するのですが アナフィラキシーが起こったときに早急な対応が求められると思いました 。   具体的には ・問診にてその薬を使ったことがあるか確認する ・喘息などの既往歴確認する ・初めて投与する薬に関しては注射であれば少量を投与し反応を見る ・内服であれば院内でまず内服してもらい反応を観察してから帰宅してもらう ・症状が出た場合はショックの鑑別 ・酸素投与バイタルサイン確認 ・救急薬投与(エピペン) ・輸液確保 ・AEDチェック(BLSトレーニングを定期的に受ける)  いつ何が起こるかわからない 危機管理を常に行うことが大事だと思いました。 [/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]また、2019年4月開業予定の泉崎ファミリー歯科では、[su_highlight]バリアフリー、AED,酸素、生体監視モニター、各種救急薬の準備を予定しております。[/su_highlight] 院長の下所は[su_highlight]医学部付属病院の麻酔科で、全身麻酔をかける研修[/su_highlight]も受けています。(三ヶ月で100件の手術の麻酔をかけました)   ご病気をもつ患者様にも、十分な配慮をして歯科治療をしていくので、ご安心下さいませ。[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]...

[vc_row][vc_column][vc_column_text] #母乳育児#生後2ヶ月#早期復職#3人目 #母乳止まった!?#母乳育児の難所と乗り越えた方法 こんにちは。下所です。 私事ですが5月末に第三子を出産しました。                   子育ての過程を医院のブログに残しておく事にしました。といっても、歯科医院のホームページなので、歯に関係する母乳や、離乳食などに関連することを中心に、自身の子育てを記録してみます。 母乳育児の重要さは皆さんわかっていると思います。豊富な栄養、免疫、アゴの発達、などなど、利点が沢山。 お口周りの筋肉を十分に発達させるのは、一歳半頃まで母乳育児を続けるのがよいようです。 でも、体質的に母乳が出にくかったり、仕事や上の子のお世話で忙しかったり、色んな理由で早期に辞めてしまうことも多いですよね。 私も時間がないながらも、一歳過ぎまで母乳を続けられるように頑張ろう!と思うので、困った事や、どう対処したかなど色々共有しますね!単に言葉で指導するのは簡単ですが、実際にどう日常生活で続けられるか?が大事です。 さて本題です。最近の私に起こった危機の話をします。 [su_divider] 私は体質的に母乳はちゃんと出ます。生後、完全母乳ではなく、ミルクを一日2,3回補助的に足してます。仕事で家族に預ける事が多いので、その時に困らないように。 生後三週間の時に仕事復帰、朝からずっと預けて3時に帰宅し、それから母乳。 仕事中もトイレで絞って捨て、を2時間ごとにします。預けてる間は、ミルク。このペースでうまく続けていました。 しかし、生後40日の時に私は学会で出張に行きました。二泊三日、赤ちゃんと離れてました。二泊三日中は忙しくて、1日に3,4回しか絞れませんでした。3日目の夜、帰宅して赤ちゃんに母乳をあげると、吸いが弱くなってうまく飲めずに泣いていました。 ここで、ミルクをたっぷり足すように。 次の日も、仕事があったので日中はずっと預けて、ミルク。2日こんなことを続けてると、たっぷり出てた母乳がほとんど出なくなってしまいました!! えーっこんな短期間で!?想定してなかった、、 慌てて、出産した糸数病院の助産師さんに相談。 [su_divider] 母体の悪かった点 ・母乳は、飲ませないと必要ないと体が判断して量が減る。 ・搾乳するのも、母乳と同じ頻度や量で絞らないと、量が減る。 赤ちゃん側の視点 ・哺乳瓶は母乳に比べて口周りの筋肉の力が必要なく楽に飲める。 ・数日、ミルク中心だと、母乳の飲み方が下手になってしまった。 ・ママと赤ちゃん、両方の悪いところが重なり、最悪の事態へなっていた、ということでした。 対処法は、 ・仕事中はこまめに搾乳する。その時も赤ちゃんが飲む量くらい絞りきる ・赤ちゃんが飲まずに寝てしまったら、搾乳したものを飲ませる ・水分を沢山取る ・食事をちゃんととる ・赤ちゃんに頻回に母乳を飲んでもらう ・赤ちゃんに足すミルクは少なめにする。 ・投薬/プリンペラン 吐き気どめですが、副作用として、母乳が増えるようです。 しかし眠気が出るので、運転する前などはやめた方がいいよう。   当たり前のことだけど、3人の子供がいて、働いているお母さんには、全部難しい、、 水分、食事はもう意識してやるしかない! プリンペランは1日3回内服なんですがかなり眠い。。 朝夕保育園の送迎の時間は外さないといけないです。 仕事の前は飲みませんでした。 母乳量がまた復活するまでは、赤ちゃんも私も体力勝負。ミルクを足すと満足して長時間寝ちゃうので、なるべく母乳頻回に、、体はカラカラです。 一週間たち、少しずつ母乳量が増えてきました。日中預けている間はミルクで、帰宅後は母乳に、40-80㎖足すのを一、二回。 この調子で安定しますように。。 改めて、量が減った時すぐに病院に行って良かった!と思いました。 というのも、一人目の時は三ヶ月で復職し、保育園にも入れたので、4ヶ月頃に母乳が出なくなって辞めてしまったのですが、二人目は6ヶ月で復職、保育園入園で一歳過ぎまで母乳を続けることができました。 一人目の時も、量が減った時に助産師さんに相談してれば、続けられたかもしれません。 一人目で、右も左もわからずに諦めてしまいましたが、育児は専門家に相談することが大事ですね。   [su_button url=" https://shika.okinawa/meru/caries/ ‎" style="3d" background="#277a5b" color="#fef9f8" size="8" icon="icon: check-circle-o"]まとめ[/su_button] 母乳量が減ったら、自己判断で辞めずに助産師さんに相談してみよう! [/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]...

[vc_row][vc_column][vc_column_text][/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]こんにちは。泉崎ファミリー歯科 院長下所です。 泉崎ファミリー歯科の開業はまだ先なのですが、(今年の年末か来年の年始を予定しております) 私は開業直前まで、浦添市のうちま歯科医院で勤務しています。 (今は産休中ですが、産後すぐに復帰予定です)   先月私が一般の方向けに行ったセミナー 「気になる子供の歯並び。ママ歯医者さんに聞いてみよう」 詳しくは下記リンク https://www.facebook.com/events/887282878116726/ 冒頭の動画はこちら↓ に参加してくれた方が、うちま歯科医院に来院してくれました! 個人情報なので、詳細は書きませんが、 浦添の近くではなく、離れた市町村に住んでいる方で、 子供の矯正希望でわざわざいらしてくれました。   なんと、お父さん・お母さん・お子さん2人でいらしてくれました。   矯正は期間も費用もかかるので、お父さんの理解も必要ですが、なかなかお父さんまで 病院に付き添う方は少ないです。それだけ真剣に家族で考えて来てくださったんだ、と考えると 嬉しい気持ちです。 セミナーを聞いて、すぐに行動に移してくれた、ということは、 より低年齢で矯正を始めることができ、成功率を上げることにつながります。   「誰かの気持ちや行動を変えることができた」とうのは、自分のつくったセミナーがそれだけ意義があった、という自信になりました。 https://shika.okinawa/2018/04/23/event/ うちま歯科でやっているのは顎顔面矯正という、骨が成長する最適な時期に適切な装置を使ってに顎を拡げて歯を並べる矯正方法ですが、全ての歯科医院でやっているわけではないですし、 歯科医院はまだまだ口コミが主流で、ホームページで治療法を宣伝している病院は少ないです。 知りたい!と検索をしても正しい情報に出会えるとは限りません。 調べた治療法が、自分や子供に適しているか、一般の方はわかりません。 今回、一般の方むけにセミナーを開いたのですが 「知りたい」と思って悩んでいる方が沢山いて、 そういう人たちに情報を届けるには、「病院の診察室」だけでなく、「セミナー」という形で届けるのも 効果的だな、と思いました。 「病院の診察室」だと、すでに通院している患者さんにしか情報を伝えられないので、 まだ出会っていないちょっと距離の離れた方に情報を届ける、というのは「セミナー」がいいというのがわかりました! 産後落ち着いたら、またセミナーを定期的に開きたいと思います。 セミナーの過去記事はこちら https://shika.okinawa/2018/04/23/event/   [/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]...

[vc_row][vc_column][vc_column_text] 【主催セミナー大成功&お礼】 本日午前中に歯ならびセミナーが無事に終了しました。 沢山の支えてくれる皆さまのおかげで、大成功となりました。                   50名の会場で、定員満杯のお客様にお越し頂き、ご家族連れでにぎやかな会場になりました。 お父さんの参加も多く、家族みんながこどもの歯ならびに興味があるんだな~と嬉しかったです。 名護や南城市など遠方からも沢山のお客様! キッズスペースを準備し、託児して頂ける専任のスタッフをお願いしていたので、安心でした。 また、セミナーの後の個別相談も沢山の方が申し込んで頂き、お子さんに合わせた相談に具体的に対応できたのでよかったです! 嬉しかったことは、事後アンケート。 沢山の方がぎ~っしり書いて頂けました。 一部ピックアップーーーーーーーーーーーーーーーー ・説明がとても端的ながら丁寧でわかりやすかったです。 ・論理的に予防法を教えていただいたので、大変有意義な時間だった。 ・アゴの成長が大事だという話を聞き、日ごろの生活の中でも気を付けてみるようにしていこうと思いました。 ・もっと早いタイミングで知れたらよかった。でも、知らなかったら行動にうつせないので、今日学んだことを参考に行動したいです。 ---------------------------------------------------------------------------------- もっとゆっくり考察・反省は必要ですが、まずは関係者の皆さま・お客様に感謝を申し上げます。 本当にありがとうございました。 私の目指す「沖縄県内のおくちの中のを健康に!情報を伝える」というところは、診療所の中だけでは不十分(治療中は時間がなくてじっくり説明できない、、)だと考えているので、今後もこういったセミナーを診療所の外から発信していきたいと考えています。 産休育休で動けない間はホームページ上でどんどん発信していけたらと考えているので、今日質問できなかったことなど、ラインのIDから送っていただけると、少しずつお返事していきますね。 ホームページ(泉崎ファミリー歯科) https://shika.okinawa LINE @ID(歯医者さんの質問箱) https://line.me/R/ti/p/%40ofr3492r @ofr3492r [/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]...

Error : Blog Designer shortcode not found. Please cross check your Layout selection id.