矯正治療についての質問

[vc_row][vc_column][vc_column_text] Q.3歳の子をもつお母さん。 「わが子が指しゃぶりをします。辞めさせたほうがいいんでしょうか?」 A.泉崎ファミリー歯科院長 はい、この質問は沢山の保護者の方から受けます。 子供の指しゃぶりについてお答えします!           [/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text] 1.指しゃぶりするとどうなるの?   指しゃぶりをすると、、、               上アゴの前歯が唇側に倒れます。 吸う力も働くので、頬っぺたが中に入ってしまい、 歯並びがきれいな(上から見て)U字型にならず、V字型になってしまいます。 いわゆる、出っ歯になってしまいます。   正常な歯並び [/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]V字型の歯並び[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]いわゆる出っ歯に![/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text] 2.指しゃぶりはいつまでに辞めさせたほうがいいの?   乳歯の歯並びが完成するのは3歳。 上アゴの成長がピークを迎えるのは5歳。 指しゃぶりをしていると、上アゴの成長にも悪い影響を与えます。 遅くとも、4歳までには辞めさせたいですね。 上アゴの成長が悪いと、様々なことを引き起こします。   詳しくは過去の記事をチェック https://shika.okinawa/2018/04/05/nose/[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text] 3.指しゃぶりを辞めさせるにはどんな方法があるの?   ①指に絵を描く。   大事なことは、子供を叱るのではなく、指に絵を書いて(名前を付けるといいですね)、この子(指)が悪いんだよ~と指を叱ること。 指にタコができたら印をつける。印が増えないように、頑張ろうと促す。 ②指にマニュキアを塗る こういった商品もあります。   バイターストップ 手を洗ったりしても1日は残るほどの苦みがあります。 注意したいことは、、、、 子供の味覚は4歳ころに完成するので、3歳以下だと、刺激のある味にも慣れていまいます。 3歳以下の子には逆に悪影響があるので使えません。[su_button url="https://www.amazon.co.jp/%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97/s?ie=UTF8&page=1&rh=i%3Aaps%2Ck%3A%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97" style="3d" background="#b1f7f8" color="#181515" size="17" icon="icon: check-circle-o"]バイターストップの購入はこちら[/su_button][/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text] 3.それでも指しゃぶりを辞めない場合、どうしたらいいの? 4歳になり、指しゃぶり防止マニキュアをしたり、指に絵を書いたり、絵本などで言い聞かせたり、、、 それでも辞めなかった場合、どうしましょうか。 そのまま放置しますか? まずは相談してみてください。 奥の手もあります。 上アゴにある装置を入れるとピタッと辞めることがあります。 ただ、その子に応じて適正があるかを判断してからのご案内になりますので、この記事で詳細を書くことは控えます。 悩んでいたら、ご相談下さい。 [/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]...

Q.顎顔面矯正ってほかの矯正と何がちがうのですか?   A.当院で行っている矯正について説明いたします。   理論から、実際にどういうふうに治療するかにおいて、しっかり説明する必要があるのですが、 まずはざっくり、1記事にまとめてみました。そのほうがイメージがつかみやすいかと思います。 今後、それぞれの項目についてくわしく記事を投稿しますね。   上アゴは何で大事なの? 上アゴが小さいと、舌をしまっておけず、舌癖ができ(ベロを出す癖)・鼻閉・気道が狭く、口呼吸になり、睡眠時無呼吸・喘息・アトピー・アデノイド肥大等色々な現症を引き起こす可能性がある。   子供のアゴの発育とは? 【前提】 上アゴは7歳で成人の95%(幅)まで成長、その後10歳ほどで成長は終了する 対照的に、下アゴの成長は10歳以降から加速していく。   上アゴを適切な時期(5~10歳)に成長に導いていないと、いい顔の形・かみ合わせになることはない。悪いままで成長がとまった上アゴに合わせた下アゴ、歯並びになってしまう。   顎顔面矯正ってなあに?   この時期に鼻閉・舌壁・口呼吸がある子どもは対症療法(耳鼻科で薬を飲む、ベロの体操だけをするetc)だけでは上アゴの成長は最善の状態は望めない。上アゴを拡大してあげ、舌の入るスペースを作り、舌癖をなくしてあげることがまず必要だ。 その後、年齢や時期に合わせて、上アゴを前に引っ張ったり、下の歯並びを広げてあげたり、することで最適が上下のアゴに成長する。 いい土台(上下のアゴ)にならんだ歯並びは、保定(矯正終了後に使う後戻り防止装置) は必要ない。   他の小児矯正との違いは? 基本的に固定式の装置をつかうこと。(取り外し式の床装置やトレーナーは使わない) そのため、成長期に、土台のアゴの骨から広げる効果が高い。 下のような装置を固定式の使っていきます。装置については、別の記事で詳しく説明しますね。  ...

Error : Blog Designer shortcode not found. Please cross check your Layout selection id.