歯が痛い、しみる~むし歯治療

むし歯とは

虫歯とは虫歯菌によって引き起こされる感染症と考えています。

虫歯は一度なってしまうと進行してしまうのでので治る病気ではありません。

年齢が入った他の歯の根元付近の虫歯はゆっくり進む。

若い方の歯と歯の間の虫歯は進行が早く歯の神経近くまで深い虫歯になってしまう。

など年齢や虫歯が出来た場所によって進行具合が違います。

むし歯が進んでしまうと

C 1という歯の外層までの小さな虫歯。対処法は削ってコンポジットレジンというプラスチックを詰めるだけで大丈夫。

C2と言って歯の象牙質という部分まで虫歯が進行してしまうと銀歯になる可能性が高い。

 

 

 

 

 

C3と言って歯の神経にまで虫歯が及んでしてしまうと神経をとる治療を行う。

神経をとる治療を行うと歯は枯れ木のように柔軟性を失ってしまうので、

神経がある歯と比べると10年位(個人差あり)歯の寿命が短くなってしまいます 。

神経を取った歯は中が空洞になっているのでその部分にお薬を詰めて

杭となる土台を入れて、その上から被せ物をします。

C4といって歯の根っこだけしか残っていない虫歯の場合は

もう歯を抜くことになります。

抜いた歯を差し歯を入れずにそのままにしておくと

場所によって噛み合わせが崩れてしまいます。

噛み合わせが崩れると見た目にも影響が出たり、顎関節症などを引き起こす原因になります。

泉崎ファミリー歯科のできるだけ痛くない治療のために

麻酔が怖いという患者さんの話はよく聞きます。チクッとした痛みがあり恐怖を感じます

よね。

当院は麻酔は痛くないように工夫をします。

麻酔を打つ部分に、麻酔薬が入った塗り薬を塗り

表面をしびれさせます。

その後にとても細い針を使ってゆっくり麻酔薬を入れていきます

痛みを感じることのないように工夫をしながら麻酔をしていますので

「患者さんに全然痛くなかった」「院長じゃなくて、あなたが麻酔をしてちょうだい」と

と勤務医時代によく指名をもらっていました。

ただ麻酔を効きにくい場所や状態もあるので、

一概には言えませんが痛くないように治療します!

健康な歯を残す治療

以前の歯科業界では虫歯を削るときに、虫歯だけでなく健康な歯の部分も沢山削り大きな銀歯をかぶせていました。

現在は材料が進化して強度も十分になり白いプラスチックを詰める適用範囲が広がっています。

泉崎ファミリー歯科は治療における歯の削除量を 最小限に止め 、なるべく 自分の歯の健康な部分は残すことを考えています。 

過去記事もご覧ください。

歯が痛いときに読んでほしいこと。歯痛=むし歯じゃない?

[歯が痛いときに読んでほしいこと

Error : Blog Designer shortcode not found. Please cross check your Layout selection id.