#赤ちゃん歯科 Tag

[vc_row][vc_column][vc_column_text]こんにちは。泉崎ファミリー歯科院長・下所です。 私も3人目の赤ちゃんの育児に奮闘していますが、お母さんたちは忙しいですよね。 家事しながら、上のお子さんの遊びに付き合いながら、、赤ちゃんを抱っこしているかもしれません。 そんな忙しい状況の時、抱き方が崩れていることがあるかもしれません。 その場合、どんなことが起こるのか? 正しい抱き方は何なのか?を教えたいと思います。 歯並びが悪くなるのは、遺伝的な要素もありますが、後天的な要素も大きいです。抱っこの仕方、離乳食の上げ方など、一つ一つの姿勢が背骨の成長や口呼吸(口で息をすること)に影響します。正しい知識をつけて、すこしずつ習慣化していくことが大切です。 [/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text] [su_highlight]誕生~首すわりまで[/su_highlight] 赤ちゃんはお母さんのお腹の中にいた姿勢が一番落ち着きます。 その姿勢を再現するよう「まんまる」に抱いてみましょう まんまる抱っこのしかた [su_list] 背中がcの字になるように 膝ははお尻より高く 手足は曲げ、身体がねじれていない [/su_list] 正しいだっこのしかた 保護者の腕が赤ちゃんの仙骨にくるイメージです。 [/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]よくない抱っこのしかた 足の間に保護者の手が入っていることで、足が伸びていて、背中も丸まっていません。小さいのでわかりにくいですが、体もねじれていています。[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text] 縦に抱くことや、首が落ちることに注意 首が後ろに落ちると、、、首の後ろの関節に負担がかかります。この部分の筋肉や神経は、哺乳行動とって重要な部分です。頭の落ちた姿勢は、口が開きにくい、舌が動きにくい、嚥下しにくい、すぐにむせるなどの症状が起こります。   そのまま続けてしまうと、口呼吸(口で息をすること)につながり、歯並びが悪くなる可能性があります。 口呼吸と歯並びについて 過去記事はこちら https://shika.okinawa/2018/04/05/nose/ ‎[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text] 授乳のさせ方 正しい飲みかたのポイント [su_list] まん丸の姿勢 手足は曲げ、身体がねじれていない 深くくわえて飲んでいる [/su_list] [/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text] 3ヶ月までは顔と体は横向きに飲ませる ※生後3ヶ月以降では首が座ってきて、口蓋のところにある2つある弁が1つになるため、横向きのままだと飲み込みがしにくくなります。 ※浅飲みになると、よくない飲み込み方がクセがついてしまいます。また、母乳量も十分にでないことも多く、赤ちゃんも満足できず何度も頻回に授乳したりします。[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text] [su_highlight]首すわり~ひとり立ちまで[/su_highlight] 抱っこのしかた 首がすわってもまだ、腰を支える筋力は未発達。抱っこの時は、胸から下を支えることは欠かさないようにしましょう。 抱っこ紐を使う際は、赤ちゃんの頭が後ろに倒れないものを選択することが必要です。 おんぶに関しては、一人座りが出来るようになってからをおすすめします。 [/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text] ハイハイ ハイハイは腰の筋力を鍛えるために非常に大事です。たくさんハイハイさせてください。腰の筋力が自然と付いてくると、無理なく一人で座れるようになります。また、一人で座ることができないうちに、セット座位をさせることは問題があります。セット座位は骨盤がゆるみやすく、猫背になりやすくなります。 ※セット座位とは、一人でお座りが出来ない子に対して、バンボなどの椅子を用いて座らせること[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]...